ページの先頭です

バイオチャレンジ

用途・使い方

ペットの飼養現場はどうしても汚れやすく、それが原因でさまざまな病気を引き起こしてしまいます。飼養現場の衛生管理は、日常の清掃作業の中にくみこんでおくことで大幅に改善します。下記の手順と方法を参考にして衛生管理を行っててください。バイオチャレンジは、正しくご使用いただくことで衛生的な飼養環境づくりに多いに役立ちます。

使用用途

ピンポイントで
ケージの中は、排泄物やフードの残りカスがはびこり、不衛生になりがちです。使用後には必ずケージの中を掃除して、その後バイオチャレンジをスプレーしてください。
ケージの中に
とくに汚れ(汚染)が目立つ部分はピンポイントで浄化します。まず、汚れ部分をブラシやぞうきんなどでしっかり洗浄した後、バイオチャレンジを1~2回スプレーしておきましょう。
ペットのおトイレに
ペットのトイレは悪臭や感染症の原因になりやすいので、排泄物はすみやかに処分し、その後にバイオチャレンジをスプレーします。トイレこそ、いつも清潔にしておきましょう。
器具洗浄に
コームやブラシ、ハサミなど使用後のトリミング器具洗浄は重要です。付着した毛などの汚れを除去した後に、バイオチャレンジをスプレーし、自然乾燥してください。
鉄製のモノは錆びやすいので、スプレー後しばらくしてから拭き取ってください。
ゴミ箱の中に
フードかすや汚物等で満たされたゴミ箱の中は、病原菌が増殖しやすい危険な環境になっています。ゴミはこまめに処分し、その後にバイオチャレンジをスプレーしましょう。
出入り口のマットに
出入口は不特定多数の人やペットの往来で、さまざまな病原菌やウイルスが持ち込まれる可能性が高い危険な場所です。これらの危険を予防するために、日に1~2度、出入口のマットをバイオチャレンジで浄化してください。
ペットキャリーに
ペットキャリーの中も不衛生になりがちです。ご使用の後に内部をクリーニングし、その後バイオチャレンジをスプレーし、そのまま自然乾燥してください。
お出かけに
ペットと一緒にお出かけする機会が増えています。出先では、おトイレや粗そうの後始末など、お出かけ先での衛生ケアのために、バイオチャレンジの携帯をおすすめします。
お掃除の後に
バイオチャレンジは、毎日のお掃除と組み合わせてご使用いただくのが効果的です。お掃除で取り残された有害微生物をバイオチャレンジが抑え、増殖活動を抑制します。
飼養室の空気を浄化
バイオチャレンジを加湿器のタンクに添加していただくと、空気浄化剤として活用できます。室内の空気が汚れていると、さまざまな感染症まん延の原因となります。

詰替用1リットルボトルの取扱方法

  • 詰替用1リットルボトルで希釈液をつくる際など、不用意に中央部のふくらんだ部分を強く持つと、思わず内溶液が飛びだしてしまうことがあります。
  • 詰替用1リットルボトルから内溶液を取りだす場合は、右図のようにピラー(両サイドの硬い部分)を持つようにすると安定して注ぐことができます。
  • 希釈液づくりなど、詰替用1リットルボトルをご使用の際はご注意くださいますようお願いいたします。

使用事例

バイオチャレンジによる環境浄化
室内のクリーニング
まず室内全体を清掃します。室内から動かせるモノはできるだけ室外へ移動し、開放できる窓は開放しておきましょう。
掃除機、モップ等を使ってゴミ・ホコリを取り除きます。こびりついた汚れなどは、ヘラやブラシ等を使って除去します。汚れはすべて汚染源と考えましょう。
バイオチャレンジの噴霧
清掃が終わったら窓を閉め、バイオチャレンジを噴霧します。ノズルを調整して、できるだけ微細なミストが出るようにします。
噴霧は、高いところから低いところへの順番で。噴霧の量は、1平方メートルあたり1~2回の噴霧で充分です。
拭取らず、自然乾燥
噴霧が終了したら、そのまましばらく放置し、自然乾燥させます。噴霧後の水滴を拭き取らないでください。その小さな水滴の中にバイオチャレンジが滞留し、断続的に空間へ分子を供給し続けます。
浄化完了
約3~4時間ほどたったら、什器やケージ、生体などを室内に戻して結構です。その際、汚染物を再持ち込みしないよう気を付けてください。
加湿器を使ったクリーンルームの作り方
20倍に薄める
ケンネルコーフなど空気感染予防対策として加湿器を使った臨時クリーンルームが有効です。
バイオチャレンジ原液を20倍~30倍に薄め、希釈液を加湿器のタンクに充填します。
加湿器にセット
バイオチャレンジ希釈液の入ったタンクを加湿器にセットし、通常運転します。換気に注意しながら加湿運転させると、バイオチャレンジが断続的に散布され、室内の空気浄化効果が得られます。
4時間で1クール
空気浄化は一度実施しますと、長時間にわたり効果が持続しますので、通常1回あたり3~4時間、2~3日に1回程度で充分です。
使用後は数回に一度、吹き出し口や液の経路を中心に水洗いしてください。
バイオチャレンジによる感染症事後対応
感染生体は隔離室へ
感染生体は隔離室へ移動し、感染症が発生した部屋の什器、未感染生体をできるだけ室外へ移動します。感染生体の排泄物や嘔吐物をすべて回収し、完全密封するか焼却処分します。ゴミ箱などに保管するのは危険です。
精密なクリーニング
感染生体が飼養されていた部屋を細部まで通常より念入りに清掃します。こびりついた汚れは、ヘラやブラシ等を使って除去します。単なる汚れに見えますが、その中には感染源となる菌を含む何万何億の微生物が存在しています。油断すると再発の原因になります。
原液を噴霧
清掃が終わったら、バイオチャレンジ(即効型)で室内全体に噴霧を行います。 初回は原液のまま散布してください。 2回目以降は所定の希釈液で大丈夫です。
室内空間をはじめ、家具の下や裏までむらなくバイオチャレンジが行き渡るようにします。なお、噴霧実施中は作業員以外の出入りをさせないようにしましょう。
汚染備品の徹底処分
室外へ移動した什器等もていねいに洗浄し、バイオチャレンジ(即効型)を噴霧し、自然乾燥しておきます。感染生体が使用していたパッドやタオル、おもちゃ等は焼却処分しましょう。
噴霧作業の継続
以上の噴霧作業を1日1回、1週間ほど続けていただければ浄化は完了。 安全な飼養環境が取り戻せます。